アイロン HKM50PSK

  • アイロン HKM50PSK

アイロン HKM50PSK

高周波振動モータの高い振動数で効率良くコンクリートを締め固める外部新動機。,アタッチメントのセット位置を変えるだけでΦ48.6mmの単管パイプにも60mmの角パイプにも兼用できます。

このような使い方をされています

  • 柱や梁、腰壁などのコンクリート打設

このような場所で使用されています

特長

型枠取付バイブレータ「アイロン HKM50PSK」は、従来木槌によるたたき作業に頼っていた柱や梁、腰壁などの棒状バイブレータだけでのコンクリート打設が難しい場所に適した外部振動機です。 通常のコンクリート打設においても高い品質のコンクリート打設と省人化によるコストダウンを可能にした製品です。 振動モータ(自振モータ)にクサビ型アタッチメントをセットした製品の為、簡単に取付が可能です。 取付は、コンパネと単管パイプΦ48.6㎜/角パイプ□60mmの間へ差し込むだけです。 又、クサビ部のプレートの取付位置を変更することで単管パイプΦ48.6㎜と角パイプ□60mmに共用できます。


作業者がいなくても作業が進む

コンパネと丸パイプ/角パイプの間に差し込むだけで充填作業を行ない、打設後の移動(盛り替え作業)が簡単な為、作業者を必要とせず誰にでも取り扱いが出来ます。
(補足)コンパネと単管パイプΦ48.6㎜/角パイプ□60mmの間に差し込むタイプのアイロンは、約コンパネ1枚分の範囲への振動効果があります。
生コン充填を確認した上で差込めば、コンパネを押す事もなく盛替作業も簡単なので、打設作業者に人気があります。

アイロン HKM50PSK

小型でも振動は強力

アイロンは小型高周波強力モータを搭載しており、クサビの固定でコンパネに確実に振動が伝わり強力な遠心力で広範囲への振動伝達を可能としています。


コールドジョイントの防止に役立つ

先に流し込んだ生コンと後から流し込んだ生コンが馴染まず一体化できない分離現象をコールドジョイントと言いますが、バイブレータの効果的な利用で、豆板やコールドジョイントなどの不良コンクリートの防止に役立ちます。


作業現場の省人化を実現。省人化でしかも効力発揮

大勢のたたき作業員を必要とする現場でも型枠取付バイブレータによる機械化により、一定水準の品質・施工時間の短縮・作業の平準化を進めるのに最適な製品です。


クサビはΦ50/□60兼用タイプ

クサビ部のプレートの取付位置を変更することで単管パイプΦ48.6mmと角パイプ□60mmを兼用することが出来るので単管サイズに合わせた専用機を持つ必要がありません。

アイロン HKM50PSK

クサビ部分はアルミ合金で軽量

クサビ部分はアルミ合金を採用して従来機対比で約0.5Kg軽量化しました。
振動機を型枠上で移動させる盛替作業も楽になり、錆の発生も有りません。

アイロン HKM50PSK

専用のツイストプラグで抜け防止

アイロン専用のツイストプラグは、通常の差込式のプラグ(差込ピン部形状が平らで長方形)ではなく、ロック式プラグ(差込ピン部形状が曲面で切り欠きが付いているプラグ)なので確実な固定ができ、抜け防止の役目もします。
又、専用の分岐コード(アイロン専用の分岐コードには、コンセントが5ケ付いており)を使うことでアイロンが最大5台まで接続可能です。

アイロン HKM50PSK

型式一覧

型式 品目コード 販売価格(税抜き)
HKM50PSK(Φ50/□60) 001289000 ¥126,000
C5515J 分岐コード  000883000 ¥63,000

仕様

HKM50PSK 仕様

型式 出力
(W)
電圧
(V)
電流
(A)
周波数
(Hz)
振動数
(Hz)
遠心力
(kN)
100~240Hz
質量
 kg)
HKM50PSK 50 48 2.0 100~240 50~120 0.25~1.41 6.5

寸法・設置・操作盤

製品寸法図