湿式バキュームカッター VRC14型

  • 湿式バキュームカッター VRC14型

湿式バキュームカッター VRC14型

切削粉が舞い散らない湿式を採用し、切削汚泥を回収しながら切削可能。,高性能バキュームクリーナ搭載。

このような使い方をされています

  • 舗装切断

このような場所で使用されています

特長

コンクリートやアスファルトを切断する道路用カッターには、冷却水を掛けながら湿式ブレードで切断する湿式タイプと、乾式ブレードで切断する乾式タイプがあります。 どちらの切断も、その原理はアスファルトやコンクリートをブレード刃先のダイヤモンドチップで高速研削するもので、乾式では浮遊切削粉(微粒子)が発生し、湿式では切削汚泥(ノロ)が発生します。 一般的には湿式の方がブレード刃先が常に冷却されることにより、高価なブレードが長寿命となるので好まれますが、近年では環境保護の観点から切断施工後のノロの回収を問われる時代となりました。 プロのカッター施工業者様が使用する大型の湿式カッターは、大量の冷却水や回収装置など、大型の機材を車両に搭載して大規模かつ高額な施工となってしまいます。 そこで、当社ではレンタル機としても手軽に使用される14インチブレードクラスのカッターに、切削粉の空中浮遊が生じない湿式を採用し、ノロの飛散が生じないようにノロを吸引、貯留できる湿式バキュームカッターを開発しました。(特許出願中)


高性能バキュームクリーナ搭載

高容量のリチウムイオンバッテリーDC24V 10Ahを動力源とするバキュームクリーナを機体後部に搭載しています。
したがって本機に搭載のガソリンエンジンの出力は全て切削作業に使用され、万が一バキュームクリーナに故障があっても切断能力の低下は生じません。
強力なサイクロンクリーナは乾湿兼用ですが吸引性能維持のために、定期的なフィルターの清掃が必要です。
バキュームクリーナの運転・停止状態は誤操作(バキュームOFFでの切削開始)防止に一目で分かる運転表示灯が装備されています。
※リチウムイオンバッテリー1個で約40分間の運転ができ、予備バッテリー1個も標準装備しています。バッテリーの満充電には約4時間を要します。

湿式バキュームカッター VRC14型

ノロ回収力

ブレードケース下面全周の柔軟なブラシによって多少の凹凸路面であっても、接地面との密閉を保ち、下面全周より吸引する機構を採用しています。
(まれに大粒の骨材が切削ノロに混ざる場合があります。これは路面直下の骨材の浮きなど不適切な条件による吸入口詰まりの原因となり吸引能力の低下となりますので、吸引口をメンテナンスして取り除いて下さい。)

湿式バキュームカッター VRC14型

使いやすいバキュームノロ回収タンク

ノロ回収用タンクは冷却水タンク容量(15L)よりやや大型の透明タンクを採用していますので、回収した切削水の状況も一目で確認できます。
回収タンクは、フットレバーを下に踏み下げることで取り外し可能となります。

湿式バキュームカッター VRC14型

ワンタッチ取り外し式ブレードケース

ブレードケースは下部の路面シールブラシ部とブレード回転安全カバー部が一体となっており、蝶(ロック)ボルトを緩めて、上に持ち上げて取り外す事で、ブレード交換やメンテナンスが簡単に行えます。
また、多少の傾斜面やギャップがあってもブラシ接触圧を維持するためにブレードケースにブラシガイドローラーを設けています。
切削する音質が従来品に比して低周波音域となる、環境や作業者に優しい当社の静音ブレード P12S(12インチ)・P14S(14インチ)のご使用を推奨します。

湿式バキュームカッター VRC14型

クリーナ用バッテリーの交換

リチウムイオンバッテリーは本体装備品と予備バッテリー1個を標準装備しています。
バッテリー容量表示が低下したら必ずスイッチをOFFにしてから、予備バッテリーと交換して下さい。
交換は操作パネルのバッテリーキーを解除位置に回し、蓋を開けて上部より引き抜いて交換して下さい。

湿式バキュームカッター VRC14型

道路工事機械の作業要求を満たした設計

湿式バキュームカッターはJIS道路工事機械の安全規定の要求事項に準じた設計としていますので安全性の高い機械です。

1.作業者の手元にエンジン停止スイッチを追加。
2.ブレードケースは不意な破損事故に備えて全密閉式。
3.ベルトカバーは手や指などが入らない構造。
4.エンジン高温部(マフラー等)に接触しないように操作は全て操作パネル上で行えます。
5.吊位置を明確に表示。
6.駐車ブレーキを装備。

湿式バキュームカッター VRC14型

オペレータが使い易い操作系統

オペレータが使い易いよう、操作パネルに操作系統を集中しています。

(1)ブレード昇降
(2)ブレード深度固定
(3)走行(半自走)
(4)走行ストッパー(駐車ブレーキ)
(5)エンジンON/OFFスイッチ
(6)エンジンスロットルレバー
また、バキュームクリーナのスイッチや回収タンクの取り外し、バッテリースイッチON/OFFもオペレータ位置から操作可能です。

1.エンジンスロットルレバーは使い易いレバーを採用
 手元でエンジン回転を調整可能なスロットルレバーを装備しています。

2.操作ハンドル1本で自在に操作
 昇降・走行・駐車を1本の操作ハンドルで行えるコンセプト。
 操作ハンドルは昇降軸、走行軸に簡単に差し替えが可能です。
 また、操作ハンドルを逆向きに差し込めば駐車ブレーキとして機能します。
 1本で操作を行えるため、操作半径も大きくすることが可能になり昇降・走行の負荷を軽減。
 明確な指示ラベルにより操作ミスの軽減。

3.切り込み深さストッパーレバーによる深度固定
 ブレードケースの切り込み深さ表示目盛りを参照して、切断深度を決めたら、ストッパーレバー
 を固定方向に倒すだけで切断深度が固定されます。

湿式バキュームカッター VRC14型

ブレード切り込み深さの表示

ブレードの切り込み深さの表示は運転席から良く見えるブレードケースガイドに目盛り表示しています。
昇降軸に操作ハンドルを差込み左方向に回すと、ブレードが下がりブレードケースガイドの目盛りで切り込み深さを確認することができます。
必要な切り込み深さになりましたら、昇降軸ストッパーレバーを固定側に倒して昇降軸を固定し切断作業を開始してください。

湿式バキュームカッター VRC14型

3VXベルト採用

エンジン動力伝達には耐久性に優れ、切れや回転ロスを軽減したローエッジコグタイプ3VXベルトを採用しています。

湿式バキュームカッター VRC14型

遠心力放射ブレード注水で冷却効率アップ

ブレード押さえ金具は冷却水が遠心力によりブレード全体に行き渡る遠心力放射式を採用し、冷却効果を上げるとともに、切削性能とブレード寿命の向上を図っています。

湿式バキュームカッター VRC14型

冷却水の管理でバキューム効果を上げる

冷却水タンクには水位警告表示線がついています。
適正なブレード冷却とノロ洗浄のための注水量を保ち、かつバキュームの吸い取り効果を得られる様に、給水指示ラインまで水位が下がったら必ず給水し、同時にクリーナー下部の回収タンクのノロ水を、適用される地域の規制に従って処理して下さい。

湿式バキュームカッター VRC14型

環境に優しいエンジン

環境に優しい排ガス自主規制適合エンジン(OHC)を搭載しました。

湿式バキュームカッター VRC14型

型式一覧


型式 品目コード 販売価格(税抜き)
VRC14 (*1) ¥1,380,000(*2)

 

(*1) この製品は受注生産品となりますので、納期は当社へお問合せ下さい。
(*2) この製品は重量物につき、お客様にて運賃をご負担願います。

仕様

湿式バキュームカッターVRC14仕様

型式 性能
ブレード寸法
(mm) 
ブレード
取付穴
(mm)
切断深さ
(mm) 
切断
深度調整
走行方式 ブレード
冷却方法
水タンク
容量
(L)
質量
(kg)
VRC14 256~356
(10in~14in)
27 70~120 ハンドルネジ方式 手押し
半自走
重力注水放射 15 185
型式 エンジン
型式 最大出力
(kW/min-1
始動方法
VRC14 スバル
EX21DK
5.1/4000 リコイル
スタータ
型式 バキュームクリーナー仕様
電圧
(V)
モータ出力
(W)
タンク有効容量
(L)
VRC14 バッテリー
DC24
400 15

※質量にはエンジンオイルも含む。

寸法・設置・操作盤

製品寸法図

製品寸法表

型式 L W H
VRC14 1420 550 950