アラスカクラブとはなにか?

クラブ2015年旅行 厳寒の奈良井宿 越後屋 を訪ね、帰路に益一の墓参をする会

やばい
 会社100周年の忙しさにまぎれてクラブの旅行記作成を放っておいたら1年経っちまう!!
 
あわてて写真と記憶を頼りに2015年2月15、16日の旅日記をアップです。
 
この1枚のJR乗車券。
p1.png
よーくご覧ください 乗車区間が東京都区内から東京都区内へというヘンテコなキップで、乗車経路が中央東・中央西・新幹線と指定されています。
 
JR東の中央線って鉄ちゃんでもないとむちゃむちゃ判りにくい路線でありまして、例えば東京駅から高尾へいくオレンジ色の中央快速は名称は「中央急行線」、黄色の各駅停車は「中央・総武緩行線」なのだそうです。もともと総武本線の起点は御茶ノ水駅で、今の錦糸町ー御茶ノ水間は総武線の支線なのだ とか言われても??でございますよねぇ、、、
 
まぁそれはともかくこの乗車券1枚で、我らが呉服の老舗「銀座 越後屋」と同じ屋号の奈良井宿の越後屋さん(しかも苗字まで永井さんときたもんだ)に1泊して、帰路、浜松で仲間のM君の墓参をして東京へ戻るという、駅名でいうとJR東の「新宿~塩尻」 そしてJR東海の「塩尻~奈良井~名古屋」と行って新幹線「名古屋~浜松~東京」 というコース組立てになった訳です。
 
2月15日(日曜) 新宿11時発の「あずさ 13号」はガラガラ メンバーは昨年の「能登冬の旅」と同じく 越後屋と宝石屋とお代官様 トリオです。
 
p2.png
車中で牛肉弁当なぞを食っている内に塩尻着 ここで普通電車に乗換て30分ほどで奈良井の駅に到着します。さすがにこんな厳寒期に文科省選定伝統的建造物群保存地区を訪ねる観光客は少なく、奈良井駅で下車したのは僕ら3人だけでした。駅舎で、事前にお願いしてあった観光協会のガイドのじ様と合流(宿場の中を徒歩で観光案内1時間で
1500円也)して、ほぼ1キロに亘る宿場内を観光して回ります。
 
 
 
 
pA.png
p3.png p4.png

そうでもしないとこのトリオはすぐに宿に入って「熱燗!」とか騒ぎだしますからねぇ、、、

でも玉龍山長泉寺さんとかを拝観しても寒いだけなので、冬のお日様が山に隠れる頃には、かろうじて開いていた「かなめや」さんにあがって熱燗開始。
 
p5.png
そして今夜の宿というより「越後屋藤兵衛さんち」 って言った方が良い様なお宿で豪華に男3人大宴会の開始です。
 
p6.png p7.png
 
明けて16日月曜日
中央本線の西側区間はむちゃくちゃ不便で朝の内はロクに電車が走っていないので、豪華にタクシーで木曽福島駅まで約25分、朝の外気温マイナス5度の中を走行してから「しなの 6号」名古屋行特急に乗車。2時間半電車に揺られた今日の昼メシは名駅からまたもタクシー飛ばして「元祖うなぎ釜めし 蓬莱」で。浜松出身の宝石屋が絶賛する程に ここの櫃まぶしは銘品です。
 
「こだま 658」にて浜松駅へ、高校1年生からのグライダー仲間であった益一君がねむる宗源院で静かに手を合わせてまいりました。
 
p8.png
車窓に真っ白な富士山をながめつつ「ひかり 472号」は一路東京へ、、、東京駅17時50分到着後は銀座方面への出撃となったのは言うまでもありません。
 
p9.png
さて、クラブの名に恥じぬ様に冬の間に今年の計画も立てないとなぁ、、、
 
(文責 お代官様)
 
ページのトップへ