社長日記

バイクの話から仕事の話まで、エクセンの社長である林秀一個人が語る社長日記
現在進行形社長日記 今期もやるぞ! 『先週末は何とかお天気ももったので、XRクンにまたがって一人でトコトコ林道走りを楽しんできました。(中略)しかし、林道の一人ツーリングはいけませんなぁ、、、山は結構深くて路面も厳しいので、カーブで突然対向車なんて恐れは全くない代わりに、ミスして崖下へでも落ちようものなら発見される頃には遺体は白骨化!』(2008年7月11日分より) バイクの話から仕事の話まで、エクセンの社長である林秀一個人が語る社長日記。毎週行進(?)中!

WEEK 16

幸いな事に隠居は小・中・高・大と一度の留年(いわゆるダブリ)もせずに卒業できて、昨年の誕生日で「人生七拾古来稀ナリ」の古稀まで来ましたが、入学したら6年間ずっと同じクラスメィトで担任の先生も6年間持ち上がり、というまあ珍しいシステムの幼稚舎、36年卒業E組のジジババの古稀クラス会が、同期が経営している「塔ノ沢一の湯旅館」で開催されました。
 
190419-1.jpg
仲間なら雰囲気で判る程度のモザイクしました。
 
 
一クラスは男子30名女子13名だったと思いますが、その中から16人が参加で、髪も顔も変わっちゃいても時間を飛び越えて思い出話しに大いに花が咲いておりました。
 
| 2019年04月19日 | 個別ページ |

WEEK 15

春先になると「三寒四温」という言葉が使われますが、もう四月新年度となって、桜も咲いたというのに、また真冬に逆戻りの日があったり・・・

190412-1.jpg

14週末の秩父桜ツーリング



桜を愛でていたかと思うと、ある行事の下見に出かけた10日の群馬県北部では、朝からばんばん降り出して、11朝には積雪20センチ。
長野県では「大雪警報」発令。

僕は油断しない人なのでJR駅レンタカーも「スタッドレスタイヤ指定」してあったのでOKでしたが、地元車ですら夏タイヤに戻しちゃった人が多くて、あちらでゴツン、こちらでガチャンと、桜が咲くどころじゃない
状況でした。

タイヤと言えば、昔々我が本社におバカな総務部長がいましてねぇ
僕が札幌へ出張して営業車を運転してみると、全然ブレーキ効かない。
所長になんじゃコレ?って聞くと「値段が安いから、本社がコレにしろって」コレと言うのが某コンドーム屋が作った(おかもとナントカって言いましたなぁ)
「クルミのかけら」をゴムに練り込みました。アイスバーンでもクルミが効いて止まります・・・

部長に「アホか!社員の命と経費とどっちが重い」と怒ってすぐにBSのブリザックに替えさせましたが、1960年代から初代カローラやスバルFF-1にミシュランXを履かせて厳寒期の碓氷峠を駆け上っていた僕ら世代です。
新入社員研修にタイヤチェーンの巻き方実習を取り入れようかしら(笑)

| 2019年04月12日 | 個別ページ |