社長日記

バイクの話から仕事の話まで、エクセンの社長である林秀一個人が語る社長日記
現在進行形社長日記 今期もやるぞ! 『先週末は何とかお天気ももったので、XRクンにまたがって一人でトコトコ林道走りを楽しんできました。(中略)しかし、林道の一人ツーリングはいけませんなぁ、、、山は結構深くて路面も厳しいので、カーブで突然対向車なんて恐れは全くない代わりに、ミスして崖下へでも落ちようものなら発見される頃には遺体は白骨化!』(2008年7月11日分より) バイクの話から仕事の話まで、エクセンの社長である林秀一個人が語る社長日記。毎週行進(?)中!

WEEK 42

14日曜は朝の内こそ雨が残っていましたが、N元陸将補どののおかげで、朝霞の自衛隊観閲式を特等席で見学する事ができました。
 
181019-1.jpg
初お目見えのF35やオスプレイに目が行きがちですが、やはり防大学生が先陣を務める徒歩行進が感動です。
WAC(女性自衛官)部隊の行進も良かった~
 
この朝霞に行事に比して、11日に済州島沖であった韓国の観艦式。
書く僕も、読む読者様も、トホホなお粗末ぶりだったとの情報です。(なぜか日本のマスコミはロクに載せませんが)
 
マレーシア海軍は当日ドタキャン。
フィリピン艦艇は到着遅れで観閲航行間に合わず。
 
最後のオチは観閲式後に済州海軍基地の海上で、反米活動家の海上デモ。
UPIによると、200人のデモ参加者がカヤックに乗り、港周辺で大暴れ。
米空母「ロナルド・レーガン」は航行を妨害されて入港できず翌朝まで港外漂泊という異常事態で、洋上足止め。
 
韓国じゃぁ水上警察も海軍も水上デモひとつ取り締まりも排除もできん(する気がないんだね)のかい?
と、米、ロ、カナダ、オーストラリア、シンガポール、インド、タイ、ベトナム、ブルネイなど参加12ヶ国から笑いものになりました~とさ・・・
 
さらには旭日旗を“戦犯旗”と呼んで「国民感情に配慮してほしい」と日本に自衛艦旗の掲揚中止を求める発表をして、国際親善の場で「反日」をアピールした韓国政府は、この観艦式で文在寅座乗の駆逐艦に「抗日」の象徴 李舜臣将軍が使った旗を掲げ、
「未来の海洋強国への意思を表したんだよ」と演説したのです。(李舜臣って豊臣秀吉の朝鮮出兵で日本水軍を破った歴史上の人物ね)
 
181019-2.jpg
日本政府は翌日に、外交ルートを通じて抗議をしたそうですが、こんな国はもう西側とか自由陣営とかいうくくりの、仲間でも何でもないな。
中国・北朝鮮のレッドチームなんだから、また2020年には米海軍が開催するハワイ沖 「リムパック」で、米海軍に「イルボネー海自(日本)に軍艦旗を掲げさせるな掲げたらウリ海軍は不参加イムニダ」とか言ってくれば、ものごと(敵か味方か)がハッキリして嬉しいけどねぇ
 
アメリカさんだってせっかく行かせた空母をコケにされたんだから、内心は「テメエなんか来るなヨ」です。
その証拠に米軍の新聞スターズエンドストライプス紙は10月16日、在日米軍基地への韓国人立ち入りを事前審査制にしたと公表。
元々米軍は、北朝鮮や中国、ロシア、イラン、アフガニスタンなど約50カ国を「指定第三国」として、事前審査なしにこれらの国民が基地に立ち入るのを禁じているが、一応同盟国である韓国にこの規制をするのは異例。
米軍はその理由を明らかにしていないが、在日や在韓米軍基地を訪れる日本人には事前審査は必要ない。
 
さて11月には韓国海軍が日本に入港するそうだけど、制服は脱いで上陸しなよ北の朋友、南朝鮮の海軍兵だって知れたら、石が飛んでくるよ!
 
| 2018年10月19日 | 個別ページ |

WEEK 41

半期決算の作業中ですが、もう10月も中盤。
昭和23年生まれのベィビイーブーマー世代のわたくしめは,、いよいよ「人生七十古来稀なり」の古稀を迎えます。
 
先代(当社二代目、僕の父)が急逝したのは73歳でしたから「おやじの年まであと3年かぁ」と感じる時もあれば、初代(創業者)は93歳でしたから「じいちゃんまでは、まだ23年もあるかょ」なんて思ったり・・・
 
でもまぁ~長生きはするもので、頭がいいとは思えない米国大統領が、貿易摩擦で対峙する中国と、経済分野だけではなく安全保障も含めて「全面対決」すると明確に打ち出したのを見る事ができました。
 
もう数年も生きてりゃ、中国の崩壊 が見えるかもねぇ
| 2018年10月12日 | 個別ページ |