社長日記

バイクの話から仕事の話まで、エクセンの社長である林秀一個人が語る社長日記
現在進行形社長日記 今期もやるぞ! 『先週末は何とかお天気ももったので、XRクンにまたがって一人でトコトコ林道走りを楽しんできました。(中略)しかし、林道の一人ツーリングはいけませんなぁ、、、山は結構深くて路面も厳しいので、カーブで突然対向車なんて恐れは全くない代わりに、ミスして崖下へでも落ちようものなら発見される頃には遺体は白骨化!』(2008年7月11日分より) バイクの話から仕事の話まで、エクセンの社長である林秀一個人が語る社長日記。毎週行進(?)中!

新年度へ切り替わりの社内外の各種会議・会合もほぼ峠を越えてきました。
 
今週は当社新入社員へのレクチャーで、僕が当番講師の日もあったのですが、ミャンマー人や中国人の新入社員も居ますので、しゃべる内容もあっちへ飛んだり、こっちへフラフラ。
 
例年通り、エクセンの社員ならツタヤに行って「黒部の太陽」「海峡」は必見の映画!!
さらに中国人社員には「Seven years in Tibet 」をすぐに借りて見ろ!
と檄を飛ばしておりました。
 
「君ら世代の中国人は「天安門事件」っていう言葉を聞いた事があるだけで、何が起きたのかは、まったく知らされてない」というのが隠居の認識です。
若い中国人に林彪はどうして死んだ?って聞いたって「悪人だったんですよね?」って程度なのが判ってますから・・・
 
西蔵自治区 英語表記だとXizang Autonomous Region 
日本語の地図ならチベット自治区なんて表記がされていますが、本名=テンジン・ギャツォ ダライ・ラマ14世法王猊下を持ち出すまでもなく、チベットは中華民国でもなければ中華人民共和国でもないチベット国(だった)。
 
 
 
 
| 2018年04月20日 | 個別ページ |

WEEK 15

今週の9日から孫1号龍クンは幼稚園の年長さん、2号のカーリンさんも年少さんで通園が始まりました。
 
前日の8日の日曜日には、桜満開の御殿場は滝ケ原で「駐屯地創立44周年記念行事」にお呼ばれで、古巣の普通科教導連隊(略して 普教連 )の観閲行進 模擬戦闘訓練 祝賀会会食というプログラムだったのですが、笑ったのは来賓の一人に「モナ男」こと今は希望の党とやらの細野豪志さまが来てまして(静岡5区ね)。
よせばいいのに挨拶中に「日報の隠ぺい問題は~」とか言いだすもんだから、僕ら招待者席からは一斉に冷視線。
まぁ~こんな奴でも国会議員なら話しさせなきゃならん連隊長兼ねて駐屯地司令殿の苦衷を察して、声にだしてのブーイングこそ出ませんでしたけど・・・
 
「あいつまだモナとやってんのか」 
「おめえに言われたかねえよ」 
「民主党は引っ込んでろ」 
「票をねだりに来たってムダムダ」
 
と、招待者席はつぶやき私語の嵐でありました。
本人の耳にも届いてればよかったですけどねぇ・・・写真はネットで拾った転載モノです(笑)
 
180413-1.gif
180413-2.gif
9時20分の「観閲部隊入場!」から何度もの「整列休め!」を経て、10時45分に「観閲行進の準備に掛かれ!本部管理中隊から駆け足に~前へ!」の号令が掛かるまで、つまらない祝辞の間を立ち続けた隊員の皆さま、本当ご苦労様でした。

 

w15p3-2.jpg

 

 
こんな速度制限標識は駐屯地ならですね
 
あれから44年。歳月が流れるのは本当に早いです。
| 2018年04月13日 | 個別ページ |
アラスカクラブをもっと読む